●高齢期の循環器の変化とは?

●高齢期の循環器の変化とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の咀嚼機能の低下について解説をしました。今回は、●高齢期の循環器の変化とは?について解説をしていきます。高齢期になると若年期と比較をして…

 

 

 

 

 

「循環器」

 

 

 

 

 

にも変化が生じます。循環器に変化が生じると、「赤血球の減少」が起こります。赤血球の数が減少すると、様々な異変が心身に…

 

 

 

 

 

「発生」

 

 

 

 

 

するようになります。代表的な症状としては「疲れやすくなる」ということがあります。そして、「貧血状態」になりやすい、という症状が発生します。そして、高齢期には…

 

 

 

 

「高血圧」

 

 

 

 

 

になりやすい、という変化が生じます。高齢期に高血圧になりやすい原因としては「血管壁の肥大」などの現象が関係しています。そして、血管の弾力が…

 

 

 

 

「低下する」

 

 

 

 

ということも関係しています。そして、血管壁の肥大や弾力低下により、「高血圧」を引き起こす要因となります。そして、高齢期には…

 

 

 

 

「不整脈」

 

 

 

 

が生じやすくなります。不整脈により、脈拍が不安定になります。不整脈とは脈拍が不安定な状態になる、ことを意味します。そして、脈が早くなる場合があります。(頻脈)さらに脈が…

 

 

 

 

「遅く」

 

 

 

 

なる場合があります。このように、不整脈になると、脈が「速くなる場合」があります。そして、脈が遅くなる場合もあります。不整脈になると胸が…

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「ドキドキ」

 

 

 

 

と動悸を感じることがあります。そして、体を動かすと「息切れ」を起こすことがあります。その他には「胸痛」などの原因となります。高齢期には、このような…

 

 

 

 

「不整脈」

 

 

 

 

が生じやすい。ということも理解をしておきましょう。介護福祉士試験で出題されます。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 
●高齢期の循環器の変化

 

○赤血球の減少

  • @疲れやすくなる
  • A貧血になりやすい
  • B免疫機能が低下しやすい
  • C感染症に罹患しやすくなる

 

 

 

○高血圧になりやすい

  • @血管壁が肥大する
  • A血管の弾力が低下する

 

 

 

 

 

○不整脈が増加する

  • @脈が早くなる→頻脈
  • A脈が遅くなる→徐脈
  • B動悸がする
  • C息切れしやすい

 

 

 

 

 

■予防策

  • @食物繊維を摂取する
  • A野菜を食べる
  • B過度に肉食をしない
  • C水分不足に注意をする
  • D適度に運動を行なう
  • Eしっかりと休息をとる

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「高齢期の呼吸器の変化とは?」

 

 

 

 

 

について解説をしていきましょう。

 

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ