●高齢期の筋骨格の変化とは?

●高齢期の筋骨格の変化とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の神経機能の低下について解説をしました。今回は、●高齢期の筋骨格の変化とは?についても解説をしていきます。高齢期の心身機能の変化として…

 

 

 

 
「筋骨格の変化」

 

 

 

 

があります。筋骨格の変化により、「筋力の低下」が起こります。そして、身体機能が低下します。特に顕著なのが、「運動能力」が低下をする、という現象があります。そして、…

 

 

 

 

「骨密度の低下」

 

 

 

 

も生じます。骨密度が低下することにより、骨折をしやすくなります。例えば、「骨粗鬆症」になる場合があります。骨粗鬆症になると、さらに…

 

 

 

 

「骨折」

 

 

 

しやすくなります。もし、大腿部の頸部(足の付根付近」を骨折してしまうと、「歩行能力」が低下します。その結果、「車椅子での生活」や…

 

 

 

 

「ベッド上での生活」

 

 

 

 

を余儀なくされる場合があります。そして、「寝たきり状態」になる高齢者も存在します。その他にも、高齢期の身体の変化として…

 

 

 

 

「免疫機能」

 

 

 

 

が低下することがあります。免疫機能が低下することにより、がんなどの「悪性新生物」が発生しやすくなります。そして、…

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

「感染症」

 

 

 

 

 

に罹患しやすくなります。高齢期には、このような症状が発生する場合がある。ということを理解しておきましょう。介護福祉士試験でも出題される可能性があります。理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

●高齢期の筋骨格の変化とは?

 

 

  • @高齢期には筋力が低下しやすい→運動能力が低下する
  • A骨密度が低下する→骨折しやすくなる
  •  ※骨粗鬆症になる場合がある
  • B骨折により寝たきり状態になる可能性がある

 

 

 

 

○運動能力低下の予防法

  • @規則正しい生活を心がける
  • A栄養のある食事を行なう
  • B低栄養を防止する
  • C適度に外出をする
  • D家に閉じこもらない
  • E地域で活動を行なう

 

 

 

 

 

 

このような事項を実践して、筋骨格の変化に対応しましょう。それでは、次に免疫機能の変化についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

●免疫機能の変化

 

  • @免疫機能とは、体の防御機能である
  • A免疫機能が低下すると以下の症状が発現する
  •  ・悪性新生物
  •  ・感染症に罹患しやすい

 

 

 

○免疫機能低下の防止方法

 

  • @適度に休息をする
  • A無理をしない
  • B正しい生活習慣を習得する
  • C禁煙をする
  • D禁酒をする
  • E過度に甘いものをたべない

 

 

 

 

このような、事項を心がけましょう。そして、免疫機能を維持しましょう。筋骨格の変化を防止しましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

 

「●高齢期の咀嚼機能の低下とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ