●脱水症状とは?

●脱水症状とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の注意事項について解説をしました。今回は、●脱水症状とは?について解説をしていきます。まずは、高齢期に特有の症状として…

 

 

 

 
「脱水症状」

 

 

 

 

について把握をしておきましょう。脱水症状は、高齢期に特に起こりやすい症状です。人体は、「恒常性」により、一定の水分が保持されています。水分量は…

 

 

 

 
「約60%前後」

 

 

 

 

保持されています。このように人体は恒常性(ホメオスタシス)により保持されています。そのために、その他の必要な成分も保持されています。このように、水分の保持は…

 

 

 

 

 

「生命を維持」

 

 

 

 

するためにも、非常に重要です。そのために、脱水症状になると「生命の危機」に発展する恐れもあります。脱水症状は以下の症状を引き起こします。

 

 

 

 

●脱水症状の例

 

  • @発熱
  • A下痢
  • B嘔吐
  • C発汗
  • D水分摂取の低下

 

 

 

 

このように、脱水症とは「水分の喪失」という症状を引き起こします。その他に、脱水症状は以下のように分類できます。

 

 

 

 

●脱水症状の分類

 

  • @高張性脱水→水分が多く失われる
  • A低張性脱水→ナトリウムが多く失われる
  • B等張脱水→水分とナトリウムとが同じ割合で失われる

 

 

 

 

このように、脱水症は上記の3種類に分類できます。それでは、脱水の種類について以下に示します。

 

 

 

●脱水の症状

  • @皮膚や粘膜の乾燥
  • A血圧低下
  • B頻脈
  • C尿量減少
  • D体温上昇
  • E目眩
  • F生活動作の低下

 

 

 

上記の症状が脱水により引き起こされます。そして、脱水症が重篤化すると「尿路感染症」を引き起こす可能性があります。そして、…

 

 

 

 


 

 

 

 

「熱中症」

 

 

 

 

に発展する場合もあります。このように、脱水は重篤化する危険性があります。したがって、脱水症を「予防」することが重要です。脱水症の予防方法について以下に示します。

 

 

 

 

●脱水症の予防方法

 

 

  • @こまめに水分を飲用する
  • A温度管理を行なう
  • B故意に水分量を減らさないようにする→排尿回数をへらすために、水分を控える人がいる

 

 

 

 

 

 

 

 

このような、事項について理解をしておきましょう。介護福祉士試験でも、「脱水」について問われる場合があります。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 

 

 
●脱水について

 

  • 「人体は恒常性により一定の水分量が保持されている」
  • 「脱水は深刻な症状を引き起こす場合がある」
  • 「水分摂取量について把握しておく」

 

 

 

●脱水の分類

 

  • @高張性脱水→水分が多く喪失する
  • A低張性脱水→ナトリウムを多く喪失する
  • B等張脱水→水分とナトリウムを同時に喪失する

 

 

 

●脱水の症状

 

  • @皮膚や粘膜の乾燥
  • A血圧低下
  • B頻尿
  • C尿量減少
  • D体温上昇
  • Eめまい
  • F活動量の低下

 

 

 

 

  • ●脱水が深刻化→尿路感染症、熱中症など

 

 

 

 

●予防方法

  • @こまめに水分を補給する
  • A温度管理を行なう
  • B排尿回数を故意に減らさいない
  • ※トイレに行く回数を減らすために、水分量を減らす人がいる

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「高齢者の便秘とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ