●高齢期の注意事項とは?

●高齢期の注意事項とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、高齢期の心身の変化について解説をしました。今回も、引き続き、「●高齢期の注意事項とは?」について解説をしていきます。高齢期は、若年期と比較して…

 

 

 

 

「心身の状態」

 

 

 

 

に変化が生じます。そして、心身機能の低下が起こります。その結果として、「要介護状態」に陥る場合があります。そのような状況を防止するためには…

 

 

 

 

「高齢期の心身の変化」

 

 

 

 

について把握しておく必要があります。それでは、高齢期は、どのような変化があるのでしょうか。そして、どのような事項に…

 

 

 

 
「注意」

 

 

 

 

をすればよいのでしょうか。まず、高齢期の変化として現れやすいのが「貧血」です。高齢期には、若年期と比較して「貧血」が発生しやすい傾向にあります。そして、貧血により、…

 

 

 
 
「立ちくらみ」

 

 

 

 

や目眩などが発現します。時には「嘔吐」などの症状が現れる場合があります。このように、高齢期の症状として「貧血」などの症状が…

 

 

 

 
「発現しやすい」

 

 

 

 

ということがあります。そして、高齢期の症状として「感覚器」の低下があります。感覚器が低下することにより、感覚機能が付随的に低下します。その結果として…

 

 

 

 

「外傷」

 

 

 

 

などを引き起こしやすい。場合があります。感覚器が低下することにより、冷感、温感などの感知機能が低下する場合があります。もし、感覚器が低下した場合…

 

 

 

 

「火傷」

 

 

 

 

や「凍傷」などの外傷を引き起こす場合があります。そのために、高齢期には「感覚器」が低下する場合がある。ということを認識しておきましょう。そして、高齢期の注意事項として症状が…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

「明確に」

 

 

 

 

 

発現しにくい。ということがあります。高齢期は症状が非定型的である。ということです。そのために、明確な症状が無いために、症状が…

 

 

 

 

「重篤化しやすい」

 

 

 

 

という傾向があります。そして、症状が顕著に発現しにくい。ということも特徴的です。このような、事項も高齢期の注意事項として…

 

 

 

 

「認識」

 

 

 

 

しておきましょう。そして、高齢期の心身の変化は「クオリティーライフ」に影響を与える場合があります。このように、高齢期の注意事項について…

 

 

 

 

「把握」

 

 

 

 

しておくことで、「危険因子」を減少させることができます。介護福祉士試験でも「高齢期の心身の変化」について出題されます。しっかりと確認をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

 
●高齢期の注意事項

 

  • 「高齢期は貧血になりやすい傾向にある」

  • 「高齢期には感覚器が低下する場合がある」

  • 「高齢者は症状が非定型的に発現する」

 

 

 

●対応方法

 

 

○貧血対策

  • @偏った食事を行わない
  • A禁煙を行なう
  • B飲酒を控える

 

 

 

 

 

○感覚器の低下

  • @適度に散歩を行なう
  • Aストレッチを行なう
  • B温痛覚の状態を把握する

 

 

 

 
●症状が非定型的

  • @自己管理をしっかりと行なう
  • A持病を把握しておく
  • B体調の変化に敏感になる

 

 

 

 

このような事項について把握しておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「●脱水症状とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ