●難聴とは?

●難聴とは?

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

前回では、耳の構造について解説をしました。今回は、●難聴とは?について解説をしていきます。難聴とは、「音が聞こえにくい」という症状があります。そのために…

 

 

 

「難聴」

 

 

 

になってしまうと、様々な生活上の問題が生じる危険性があります。例えば、道路を通行する場合であっても、音を「認識」できなくなると、後方から迫ってくる…

 

 

 

 

「自動車」

 

 

 

 

と接触する可能性があります。自転車とも接触する危険性があります。そして、災害時でも「警報」などの情報を入手しづらくなるという…

 

 

 

「情報格差」

 

 

 

が生じる恐れがあります。又、日常生活でも、難聴により他者とのコミュニケーションが阻害される恐れもあります。もし、そのような状態に陥ると、他者から孤立する場合があります。そして、…

 

 

 

 
「閉じこもり状態」

 

 

 

 

に陥る危険性があります。閉じこもりは要介護状態のリスクを高めます。そして、「認知症」の遠因となる場合があります。それでは、「難聴とは」どのような状態なのでしょうか?

 

 

 

 

●難聴とは?

 

 

高齢者の難聴は、「高音域」が聞こえにくい。という特徴があります。そして、音が「歪んで」聞こえる。という特徴もあります。難聴は、「伝音性難聴」と…

 

 

 

「感音性難聴」

 

 

 

に分類できます。因みに高齢者の難聴の場合「感音性難聴」が多い。という特徴があります。因みに補聴器は「感音性難聴」には…

 

 

 

 

「効果が低い」

 

 

 

 

 

という欠点があります。しかし、伝音性難聴には、効果的です。それでは、伝音性難聴と感音性難聴についてまとめます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

●難聴の種類

 

 

 

 

○伝音性難聴→外耳、鼓膜、中耳の障害で発生する

 

 

 

 

○感音性難聴→高齢者に多い

  • @内耳の障害に起因する
  • A神経系の障害に起因する

 

 

 

 

介護福祉士試験でも、難聴について出題される可能性があります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、今回の内容をまとめます。

 

 

 

 

●難聴について

 

 

  • @高齢者の難聴→高音域が聞こえにくい→音が歪んで聞こえる
  • A伝音性難聴と感音性難聴に分類できる
  •   ※高齢者は感音性難聴が多い
  • B補聴器は感音性難聴には効果が低い
  •   ※伝音性難聴には効果がある

 

 

 

○伝音性難聴

  • @外耳
  • A鼓膜
  • B中耳の障害で発生する

 

 

 

 

○感音性難聴

  • @内耳の障害で発生する
  • A神経系の障害で発生する

 

 

 

 

このような事項について確認をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

 

「目の構造とは?」

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ