●耳の構造とは?

●耳の構造とは?

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

前回では、ホルモンと内分泌器官について解説をしました。今回は、●耳の構造とは?について解説をしていきます。耳の機能とは、聴覚と…

 

 

 

 

「平衡感覚」

 

 

 

 

を司ります。そして、耳の構造とは「外耳」「中耳」「内耳」により構成されています。つまり、耳の機能としては、音を認識する。という役割があります。そして、身体の平衡感覚を…

 

 

 

 

「保持」

 

 

 

 

する。という大切な機能があります。もし、耳の機能に何らかの異変が生じると、「聴覚」と「平衡感覚」に異変が生じるようになります。聴覚の機能に障害が発生すると…

 

 

 

 

「日常生活」

 

 

 

 

に大きな影響が生じます。例えば、災害時などに、警報音が聞こえない。などの状態に陥る可能性があります。そして、平衡感覚に異常が生じると…

 

 

 

 
「吐き気」

 

 

 

 

などの症状に苦しめられる可能性があります。メニエール症候群などの症状が現れる場合があります。もし、そのような状態に陥ってしまうと、日常生活を営むことも…

 

 

 

 
「困難」

 

 

 

 

となります。このように、耳は非常に重要な機能を有しています。それでは、耳の構造とは、どのようになっているのでしょうか?

 

 

 

 

 

耳の構造は、主に「伝音系」と「感音系」に分類されます。伝音系では、「音を伝える」という機能があります。そして、感音系では、…

 

 

 

 


 

 

 

 

 
「音を聞き分ける」

 

 

 

 

という機能があります。それでは、伝音系と感音系についてまとめます。

 

 

 

 

 

●耳の構造

 

 

  • ○伝音系→音を伝える
  • @外耳→耳介(耳たぶ)
  •      →外耳道(耳介から鼓膜までの部分)
  •        ※外耳道に耳垢がたまる
  • A中耳→鼓膜の内側にある(空洞になっている)
  •      →耳小骨がある(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)

 

 

 

 

 

  • ○感音系→音を聞き分ける
  • @内耳   →中耳の奥にある(蝸牛、半規管など)
  •         →蝸牛→音の振動→神経の信号に変換する
  •         →半規管→平衡感覚を司る

 

 

 

 

伝音系と感音系は、主に上記のように分類できます。介護福祉士試験でも、耳の構造について出題される可能性があります。しっかりと理解をしておきましょう。それでは、耳の構造についてまとめます。

 

 

 

 

●耳の機能

 

 

  • @耳は聴覚機能がある
  • A耳は平衡感覚を司る
  • B外耳、内耳、中耳により構成される
  • C伝音系と感音系に分類できる

 

 

 

 

●伝音系→音を伝達する

  • @外耳→耳介の部分(耳たぶ)
  •      →外耳道(耳たぶから鼓膜までの部分)
  •      →外耳道に耳垢がたまる

 

 

 

  • A中耳→鼓膜の内側にある(空洞になっている)
  •      →耳小骨がある
  •        ・ツチ骨
  •        ・キヌタ骨
  •        ・アブミ骨

 

 

 

 

○感音系→音を聞き分ける

  • @内耳 → 中耳の奥にある(蝸牛、半規管などの部分)
  •       → 蝸牛(音の振動→神経の信号に変換)
  •       → 半規管(体内の平衡感覚を司る)

 

 

 

 

このような事項について理解をしておきましょう。それでは、次回は…

 

 

 

「難聴とは?」

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 



 

 


HOME プロフィール お問い合わせ