●世帯とは何か?

●世帯とは何か?

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

前回では、「扶養義務」について解説をしました。今回は「世帯とはなにか?」ということについて解説をしていきます。世帯とは…

 

 

「住居と生計」

 

 

を同じくする集団のことを言います。つまり、世帯とは「同じ家に住んでいる」「家計が一緒である」ということが条件です。例えば、自分が両親と同居しており…

 

 

「住居」

 

 

 

「家計」

 

 

 

が一緒であれば、「1世帯」ということになります。介護福祉士試験では、世帯の分類について問われることがあります。特に…

 

 

「核家族世帯とはなにか?」

 

 

などのように「核家族世帯」について出題されることがあります。核家族世帯とは「夫婦のみの世帯」があります。その他には…

 

 

「夫婦と未婚の子のみの世帯」
 
 
「ひとり親と未婚の子のみの世帯」

 

 

を意味します。現代の日本では最も「基本的な世帯」です。しかし、近年では「独居老人」のように、「一人世帯」も増加しています。このように…

 

 


 

 

 

「単身世帯」

 

 

についても押さえておきましょう。つまり、傾向としては「単身世帯が増加している」ということが介護福祉士試験では、問われる場合があります。そして…

 

 
「平均世帯人員は減少している」

 

 

ということも認識しておきましょう。そして、現代日本の平均的な世帯の人数は「2,5人程度」となっています。このように…

 

 

「世帯人員は減少傾向にある」

 

 

ということを確認しておきましょう。2018年の日本の人口は約1億2700万人程度となっています。因みにこの数字は変動しています。そして世帯数は…

 

 

「5011万世帯」

 

 

となっています。世帯構造別にみれば「単独」「夫婦のみ」「夫婦と未婚の子のみ」の世帯が増加しています。このように、「世帯数の変動」について確認をしておきましょう。それでは、今回のまとめを行います。

 

 

●まとめ
 
 
「世帯とは住居と生計をともにする集団である」
 
 
「核家族世帯がスタンダードな世帯構成となっている」
 
 
「単身世帯が増加している」
 

「世帯人員は減少傾向にある」

 

 

このような内容を押さえておきましょう。家族や世帯を考える場合…

 

 

「地域」

 

 

についての知識が必要となります。それでは、「地域とは」どのような概念なのでしょうか。次回は「地域」について解説をしています。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ