●生活領域とはなにか?

●生活領域とはなにか?

 

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、「社会的役割とはなにか?」について解説をしました。今回は「生活領域とはなにか?」について解説をしていきます。生活領域とは主に以下の3分野により形成されます。

 

 

 

 

 

  • 「基礎生活」
  • 「社会生活」
  • 「余暇生活」

 

 

 

 

 

 

基礎生活とは、人間が生活をしていくための「生活限度の水準」のことを言います。生理的なレベルでの生活の状態のことを意味します。例えば…

 

 

 

 

 

  • 「睡眠」
  • 「排泄」
  • 「食事」

 

 

 

 

 

などの生理的レベルでの生活のことを意味します。そして社会生活とは「社会との関連性」で実践する生活レベルのことを意味します。例えば…

 

 

 

 

 

  • 「学校」
  • 「会社」
  • 「家庭」

 

 

 

 

 

 

などの社会生活のレベルのことを意味します。そして余暇生活とは「レクリエーション」などの「趣味の生活」のレベルのことを意味します。このように、生活環境とは…

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

「3つのレベルがある」

 

 

 

 

 

 

ということです。介護福祉士の試験では「QOL」との関連性において出題される場合があります。したがって「生活領域」には3つのレベルがある、ということを確認しておきましょう。そして、介護福祉士試験では…

 

 

 

 

 

「ジェンダー」

 

 

 

 

 

 

についても出題されることがあります。ジェンダーとは「性別による役割」以外のあり方を唱える考え方です。例えば…

 

 

 

 

 

 

  • 「男性は外で仕事をする」
  • 「女性は家庭で役割を担う」

 

 

 

 

 

 

という考え方の事を言います。このような性別による「社会的、文化的」な差異とは「異なる枠組み」で男女のあり方を考えることが…

 

 

 

 

 

 

「ジェンダー」

 

 

 

 

 

 

という意味になります。その為に、ジェンダーレスという考え方は「従来の考え方」にとらわれない、ことを意味しています。現在、よく耳にする…

 

 

 

 

 

 

「女性の活躍できる社会」

 

 

 

 

 

 

などの考え方もこのような「ジェンダー」の考え方である、とも解釈できます。このように、「ジェンダー」に関する記述も介護福祉士においては「出題」されることがあります。押さえておきましょう。それは、内容をまとめます。

 

 

 

 

 

  • 「生活領域には3つの領域がある」
  • (基礎生活 生理的なレベル)
  • (社会生活 社会との関連性)
  • (余暇生活 レクリエーション)
  • 「ジェンダーとは性別による差異を解消していく考え方」

 

 

 

 

 

 

このような、内容について押さえておきましょう。そして、ジェンダーについては「女性の労働」なども関連して出題されています。それでは…

 

 

 

 

 

「女性の労働」

 

 

 

 

 

 

とは、どのように変化しているのでしょうか。次回で解説をしていきます。

 

 

 


 


HOME プロフィール お問い合わせ