●介護福祉士試験の合格の基準とは?

●介護福祉士試験の合格の基準とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

 

前回では、介護福祉士試験の「時間配分」について解説をしました。介護福祉士試験の場合、短時間で「多数の問題」を処理していく必要があります。その為に…

 

 

 

 

 

「時間配分」

 

 

 

 

 

は重要な要素となります。今回は、「合格の基準」について解説をしていきます。合格の基準を知る、ことは「効率よく」「一発合格」を行なうためには…

 

 

 

 

 

「非常に重要」

 

 

 

 

 

な要素となります。なぜなら、「合格の基準」を満たさないと「合格」することができないからです。…

 

 

 

 

 

「なーんだ。当たり前ではないか」

 

 

 

 

 

というように思う人もいるかもしれません。しかし、「効率よく」「短期間」で合格するためには、重要な要素となるのです。それでは、…

 

 

 

 

 

「合格の基準」

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。受験の手引を参照すると「合格の基準」について解説をしています。受験の手引には、このように明記されています。…

 

 

 

 

 

「問題の総得点の60%」

 

 

 

 

 

を満たした場合とあります。そして、60%を基準として問題の難易度にあわせて「補正処置」を施す、とあります。つまり、原則として問題の総得点の…

 

 

 

 

 

「60%を獲得」

 

 

 

 

 

する必要がある、ということです。そして、問題の難易度に応じて「補正される」ということです。つまり、問題が簡単であったり、難しい場合は…

 

 

 

 

 

「変動する」

 

 

 

 

 

 

ということになります。そして、2つめの合格基準として、上記の基準を満たした場合(60%獲得した場合)であり、さらに…

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


「すべての試験科目」

 

 

 

 

 

において得点がある人を「合格者」としています。つまり、総得点が「60%」だけでは「不十分」となります。11科目全てにおいて…

 

 

 

 

 

「得点」

 

 

 

 

 

する必要があるのです。11科目とは以前にも解説をしたように…

 

 

 

 

 

  • 「人間と社会」
  • 「介護」
  • 「こころとからだのしくみ」
  • 「医療的ケア」
  • 「総合問題」

 

 

 

 

 

のすべての分野において得点をする必要があるのです。その為に「人間と社会」の「人間の尊厳と自立」の場合、問題数がたったの…

 

 

 

 

 

「2問」

 

 

 

 

 

しかありません。その為に、2問すべてを「落として」しまうと総得点が「60%以上」あったとしても…

 

 

 

 

 

「不合格」

 

 

 

 

 

となるのです。合格基準についてまとめてみると…

 

 

 

 

 

 

  • 「問題の総得点の60パーセントを獲得する必要がある」
  • 「11科目すべての分野で得点をする必要がある」

 

 

 

 

 

ということになります。これらの「合格基準」を満たすためには「効率よく」学習をする必要があります。当サイトでは、「独学者」「初学者」でも…

 

 

 

 

 

「効率よく」

 

 

 

 

 

学習して「合格」できるように、試験対策をアップしています。それでは、その他に試験中の「注意事項」とは、どのようなものがあるのでしょうか。次回は…

 

 

 

 

 

「試験中の注意事項」

 

 

 

 

 

について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ