介護福祉士試験の試験科目とは?

介護福祉士試験の試験科目とは?

 

 

 

 

 

案件紹介も面接設定も条件交渉もすべてお任せ|スマイルSUPPORT介護

 

 

 

 

 

前回では、実務経験証明書について解説をしました。今回は、介護福祉士試験の試験科目とは、どのようになっているのか?について解説をしていきます。

 

 

 

 

 

まず、確認をしておくべきことは、介護福祉士試験では、「125問」出題される、ということです。そして、出題形式は…

 

 

 

 

 

「5肢択一」

 

 

 

 

 

方式を基本としています。そして、「多肢選択式」を採用しています。つまり、「マークシート方式」である、ということです。基本的には問題が「5問」あります。そして、その中で…

 

 

 

 

 

「正しい答え」

 

 

 

 

 

を選択する、という形式です。クイズと一緒の形式です。わかりやすく例えると、誤った回答の中から「正解」を一問選択する、という形式になります。その為に、介護福祉士の試験に…

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

「合格」

 

 

 

 

 

するためには、「誤った選択肢」の中から「素早く回答する」というテクニックが必要となります。「短期間」で「一発合格」を行なうためには…

 

 

 

 

 
「効率よく」

 

 

 

 

 

学習をしていく必要があります。そのためには「全体像を」知ることが必要です。試験科目とは大まかに「3つの領域」にわかれています。以下に内容を示します。

 

 

 

 

  • 「人間と社会」
  • 「介護」
  • 「こころとからだのしくみ」

 

 

 

 

 

この3分野から出題されます。そして、上記の3分野に加えて…

 

 

 

 

  • 「医療的ケア」
  • 「総合問題」

 

 

 

 

 

が加わってきます。その為に、全部で5つの分野を「効率よく学習」を行っていく必要があります。それでは、どのようにして、「効率よく」学習を行えばよいのでしょうか。次回は…

 

 

 

 

 

 

「どのように効率よく学習を行なうのか?」

 

 

 

 

 

 

について、解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ