実務経験の範囲とは?

実務経験の範囲とは?

 

 

 

 

 

 

前回では、介護福祉士の受験資格についての解説をしました。介護福祉士の受験資格を満たす為には、主に3つのルートがあります。最も多いのが…

 

 

 

 

 

「実務経験3年+実務者研修修了」
 
 

 

 

のコースとなります。それでは、実務経験の範囲とは、どのようなものなのでしょうか。受験の手引によると、実務経験の範囲としては…

 

 

 

 

 

「該当する福祉施設等」

 

 

 

 

 

で介護業務に従事していた者、というような表現がなされています。該当する福祉施設とは「老人福祉施設」「老人保健施設」「デイサービス」「訪問介護」などが含まれます。しかし、中には…

 

 

 

 

 

「実務経験に含まれない」

 

 

 

 

 

場合もあります。例えば、医療機関で看護助手などの業務に従事していた場合は「実務経験に含まれない」場合があります。そのような場合は…

 

 

 

 

 

「受験資格を満たさない」

 

 

 

 

 

為に、介護福祉士試験を受けることができません。因みに私が知っているケースでは「医療機関」で5年間勤務した後に介護福祉士の試験を受けようとしたが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実務経験として認められない」

 

 

 

 

 

というケースがありました。この場合は、受験資格を満たしていない為に「受験」することができません。そのようなことがないように「事前に」事業所に対して…

 

 

 

 

 

「確認」

 

 

 

 

 

をしておきましょう。「受験の手引」では「受験資格の範囲」が明記されています。こちらも事前に確認をしておきましょう。そして、実務経験3年+実務者研修修了で受験をする場合は…

 

 

 

 

 

「所定の書類」

 

 

 

 

 

が必要となります。受験の手引によると…

 

 

 

 

 

  • 「受験申込書」

 

  • 「受験料手数料払込添付用紙」

 

  • 「受験用写真」

 

  • 「実務経験証明書」

 

  • 「実務者研修修了証明書」または「実務者研修修了見込み証明書」

 

 

 

 

 

 

 

が必要となっています。受験の手引を確認して「所定の書類」を揃えておきましょう。それでは、これらの所定の種類の内訳はどのようになっているのでしょうか。次回で解説をしていきます。

 

 

 

 

 

 


HOME プロフィール お問い合わせ